危険信号を素早くキャッチ|糖尿病の初期症状の段階で病院へ

病棟

症状別の生活の見直し

女性

自律神経失調症では、ストレス要因の1つである感情の抑圧が挙げられており、思いっきり感情を解放させることが心身のリラックスに結び付きます。ストレス発散には運動不足を解消することもポイントで、医療機関においても生活習慣の見直しを指導してくれています。

もっと読む

血糖値が上がることの弊害

髪の毛

過剰な血糖は不要

糖尿病は血液中の糖分が過剰に増えたことにより発症する病気です。血液中のブドウ糖は体のエネルギーとなる大切なもので、血液中のブドウ糖の値は血糖値と呼ばれます。血糖値は主に食事摂取によって上昇し、膵臓から分泌されるインスリンによって下降します。健康な人では食事によって血糖値が上昇しても、インスリンの働きにより正常値まで血糖値を下げることができ、血糖値の濃度を一定に保つことができます。加齢や遺伝、暴飲暴食、運動不足、ストレスなど様々な因子が重なると、インスリンの分泌が減ったり効果が弱まったりして十分に血糖値を下げることができず、常に血糖値が高いままになります。その状態が続くと徐々に糖尿病へと進行していきます。

気づかず放置されることも

糖尿病は軽度であればほとんど自覚症状がありません。口渇や多飲、多尿、疲れやすいなどの症状がありますが、軽度であれば自覚症状があってもそのまま放置されてしまう場合があります。そしてじわじわと病状が進み、重症になってから糖尿病が発覚するケースもあります。糖尿病の怖いところは、自覚症状なく悪化して合併症を引き起こすことです。糖尿病には三大合併症と呼ばれる、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。それぞれ最悪な場合、失明、人工透析、四肢切断になる可能性のある怖い合併症です。早期に治療を開始し、食事や運動療法、必要あれば薬物療法を用いて、血糖コントロールはしっかり行えば、これらの合併症は防ぐことができます。あまり自覚症状がないからと放置するのではなく、軽度なうちからしっかりと糖尿病に気をつけることが重症化を未然に防ぐことに繋がります。

医療機関が充実

女の人

計画的なまちづくりが行われてきた都筑区では、病院が充実している特徴があります。駅周辺には多くの内科が見られ、通いやすさと対応力の高さで人気を集めています。さて、内科選びを行うポイントですが、症状が特殊な場合には、専門医が在籍していることが望ましくなります。より質の高い治療を、受けられるからです。

もっと読む

家のそばまで迎えが来ます

医者

人工透析を受けている方で自力での通院が困難となってきた方は、病院やクリニックが用意している送迎サービスを利用しましょう。送迎サービスは自宅のそばまでバスなどで迎えに来てくれるので、体力に自信のない方でも無理なく透析治療を受けることができます。

もっと読む